眼内レンズについて

眼内レンズについて

眼内レンズの見え方

度数の強い近眼の方、乱視の大きい方、遠視の方など眼鏡の度数が大きかった方は度数を軽減できるように眼内レンズを選択します。 術後に眼鏡の度数が軽くなることで目のかすみがとれるだけでなく裸眼ですごす機会が多くなったり眼鏡がかけやすくなったりするメリットも白内障手術にはあります。
ただ通常の眼内レンズ(単焦点レンズ)にはピントを変える機能はありませんので裸眼で遠くから近くの細かい字までみえるわけではなく眼内レンズで遠方をみえるようにした方は老眼鏡、近方をみえるようにした方は近眼の眼鏡はやはり基本的に必要です。(※公的保険での手術では通常の単焦点レンズを挿入することになります。)

そこで、白内障手術後できるだけ眼鏡を使わず生活できるよう開発されたのが多焦点眼内レンズです。

多焦点レンズ

遠近両用のコンタクトレンズと似た原理で遠方、近方同時に焦点があうように設計されています。術後の見え方については像の鮮明さが単焦点に比べて微妙に落ちることや夜間の光のにじみが気になるなどの欠点もあり眼鏡から解放される利点との比較検討になります。生活様式やお仕事の内容によって向き不向きがありますのでご希望の方は十分に相談の上対応させていただきます。なお多焦点レンズには公的保険の適応はありません。
日本白内障屈折矯正学会の多焦点レンズのサイトもご参照ください。

単焦点眼内レンズ(遠方)

単焦点眼内レンズ(遠方)

単焦点眼内レンズ(近方)

単焦点眼内レンズ(近方)

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

▲ ページトップへ ▲